Home

学校紹介|東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校

1988年開校以来、卒業生の実績を通じて業界からの信頼を誇れる、音楽・ダンス・声優&エンターテイメントの専門学校

学校紹介

TSMは、1987年開校以来、1300社の企業とともに、人材育成を行っている学校です。

いつまでも、大好きな音楽と一緒に。

魂を揺さぶられるほどに高揚し、思わず涙するほどに共感し、
五感を刺激されて感動する。
無限のエネルギーで人の心を動かす、それが「音楽」です。

その音楽を「仕事」にできたなら・・・・。
音楽に魅せられた人なら、誰でも一度はそう考えます。
と同時に、その多くの人は「やはり無理」と諦めてしまいます。
しかし、それは決して「夢物語」などではありません。
この業界は想像以上に奥が深く、
「仕事」も多様に存在しています。
アーティストとして演じる人はもちろん、
音響・照明やエンジニアとしてステージをつくる人、
エンターテイメントビジネスを企画する人、
音楽ジャーナリズムの世界で活躍する人etc.
多彩で豊かなエンターテイメントが求められる現代、
音楽の領域は広がり、
そこに関わる仕事も増え続ているのです。

大好きな「音楽」と一緒に生きていく。
そのためには、努力すること、続けること、そして信じること。
まだ見ぬ自分の可能性を信じ、
勇気を持って踏み出してください。
音楽業界への扉、私たちと一緒に開いてみませんか?

名誉学校長

湯川 れい子 先生 Reiko Yukawa

音楽評論家・作詞家。早くからエルビス・プレスリーやビートルズを日本に広めるなど、独自の視点によるポップスの評論解説を手掛け、世に国内外の音楽シーンを紹介し続け今に至る。現在も多くの新聞、音楽専門誌、一般誌のレギュラー執筆を持ち、FM横浜「ミュージック・ランブル」などのラジオパーソナリティや、日本レコード大賞審査委員長なども務め、評論家生活45周年、作詞家生活40周年を迎えた。アン・ルイス、藤井フミヤ、中森明菜、徳永英明などの作詞、マライア・キャリー、マイケル・ジャクソンなどの訳詞を手掛け、ヒット曲には「恋に落ちて」「六本木心中」「ランナウェイ」「涙の太陽」などがある。

backTOPページへ戻る